顧客視点になる事|激戦|バーの集客率を高める為に必要な事を知ろう
男性と女性

激戦|バーの集客率を高める為に必要な事を知ろう

顧客視点になる事

お皿

ニーズを特定する

飲食店の経営はアイデア勝負です。自分の店であれば、好きなように工夫することもできます。しかし毎日の接客に追われ、新しいことにチャレンジすることを忘れている店も多いのです。繁盛している店はそれなりの工夫をしています。それを観察することも大事なマーケティングになります。ライバル店の動向をつかまずに自社の売上を向上するための集客を成功させることはできません。なぜ、顧客が来店しているのかをしっかり分析することができないと集客に結び付ける根拠ある戦略を練ることはできないのです。飲食店の経営は、どうしても店側の視点で物事を決めます。例えば、料理の量です。若い人が多い地区で飲食店を経営しているのであれば、安く量が多いことが求められます。

新しいことにチャレンジ

この地区の店に料理の一流の味は必要ありません。どんなにおいしい料理であっても、来店する客数を伸ばすことはできないのです。そのためエリアの顧客の特性をしっかりと持って、何がニーズであるのかをつかまないと経営を成功させることはできないのです。特に飲食店は、リピートしてもらうことが大事なポイントになります。最初はリピートしていても常に同じ商品であることは顧客の期待は徐々に薄れていきます。そのため、新しい商品にチャレンジするなどの工夫が必要なポイントになるのです。顧客のニーズは多様化しています。すべてのニーズをかなえることはできません。そのため一番割合の多いものや、関連性の強いニーズをつかむことで経営を成功させることができるのです。