ウーマン

激戦|バーの集客率を高める為に必要な事を知ろう

基本の見直しが大事

お酒

創意工夫が必要

バーはどこにでもありふれた店です。しかしその店にほぼ共通して言えることが開業時の雰囲気をそのまま継続することです。つまり成長を積極的に取り入れようとしていないことです。バーは雰囲気が大事なポイントになります。そのため他店と差別化する様な独特の雰囲気作りには力を注ぎます。しかしその雰囲気を生かすも殺すもそのあとの経営戦略に関わってくるのです。例えば、メニューです。一度決めたメニューをそのまま継続しているケースが多くなっています。お酒の種類も含めて定期的に新しいメニューを出すことは店の雰囲気をさらに向上させる効果を持っています。集客を狙うのであれば、創意工夫が常に必要になるのです。開業後こそ本当の勝負なのです。

アイデア勝負

バーでは新メニューの開発以外にスタッフの教育も必要になります。レストランなどの飲食店では、接客について日常的に研修やトレーニングを行っています。サービスこそ顧客満足度向上の一環と考えているからです。しかしバーでは、このような研修を積極的に行う店は少なくなっています。初めて来店する人が持つ印象は非常に大事です。今後リピーターになるかは最初の印象次第なのです。そのため社員やスタッフの教育を行う事が集客へつながる要素になるのです。集客するにはアイデアも必要です。リピーターを増やし、新規顧客をいかに取り込むかが集客のポイントです。お酒や料理、接客、雰囲気の改善の創意工夫を行う事で確実に来店数は向上するのです。